女性男性型脱毛症ってどんな病気?

男性型脱毛症はAGAともよばれるもので、主として中年以降の男性に生じやすく、頭頂部の髪の毛が抜け落ちて頭皮があらわになったり、生え際の部分からだんだんと髪の毛が後退していくといった症状が特徴になります。
薄毛や抜け毛といった症状の原因には、ストレスをはじめとして、さまざまなものが考えられますが、男性型脱毛症に限っていえば、男性ホルモンが大きく関与しているとされており、特に男性ホルモンの分泌が過剰となる中年以降に生じやすいというのも納得のいくところです。
いっぽう、女性男性型脱毛症というのは、奇妙な名前に思えるかもしれませんが、本来であれば男性に多いはずの男性型脱毛症に、女性がかかってしまったパターンであるということができ、FAGAという略称でよばれることもあります。
女性も中年にさしかかると更年期を迎え、やがて閉経して子供が産めない体となってしまうのは周知のとおりですが、こうしたときに起きやすいのが、急激なホルモンバランスの変調です。
女性の体内における女性ホルモンの量が少なくなってくると、相対的に男性ホルモンの活動がさかんになりますので、それが原因となって、ちょうど男性型脱毛症と同じように、髪の毛の生え方にも影響を与えてしまうことがあるのです。
女性の場合には、男性のようにまったく髪の毛がなくなることはまれで、ちょうど分け目の部分から徐々に髪の毛が薄くなり、また全体的に髪のボリューム感がなくなるといった症状としてあらわれることが多いようです。
このような場合には、病院やクリニックの発毛外来を受診して、血液検査などを含めたくわしい検査を受けたのち、薄毛を抑制する医薬品を処方してもらって治療にあたるのがベストといえます。

女性男性型脱毛症が近年増加している原因

男性型脱毛症といえば、中年男性に多くみられる、頭頂部や生え際の髪の毛がさびしくなるという症状ですが、実は女性にも同様に、女性男性型脱毛症とよばれる薄毛の症状がみられることが知られています。
男性型脱毛症の大きな原因は、男性ホルモンの過剰な分泌にあるとされていますが、女性の体内においても、男性の10分の1にも満たないとはいえ、男性ホルモンがわずかに産生されています。女性男性型脱毛症は、女性の体内での女性ホルモンの分泌が減ったことによって、逆に男性ホルモンの影響が優勢となったために起きるもので、通常は中年以降の女性に多いとされています。
ところが、現代では比較的若い女性でも同様の脱毛症が発生するケースが多くみられるようになってきています。男性型脱毛症の原因をより深く探っていくと、仕事上のストレスなどによって副腎皮質ホルモンが分泌され、男性ホルモンの活性が高まったという事実に行き当たります。若い女性の場合も、やはり女性の職場進出にともなう仕事上のストレスの増加や、そのほかにも無理なダイエット、夜型の不摂生な生活習慣などによるストレスが背景にあるのではないかと考えられています。
女性男性型脱毛症では、男性とは異なり、髪の分け目の部分が薄くなるという症状が特徴で、抜け毛なども多くなりますので、ヘアスタイルをととのえる場合などにも、かなりめだった存在となります。このような場合、発毛外来をもつクリニックを受診して、ミノキシジルなどの発毛成分を含む育毛剤などを処方してもらい、一定の期間、粘り強く治療を続けるのが適当です。それとともに、もととものストレスの原因となった生活習慣などを見直すというのもたいせつなことです。

FAGAで悩む女性たちの声

AGAという言葉を、聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。
AGAは男性型脱毛症とも言われており、この名前の通り男性に多いのが特徴です。
ですが最近、男性型脱毛症が女性の間にも広まりつつあります。

男性型脱毛症AGAと区別する為、女性の男性型脱毛症は「FAGA」と言われています。
AGAは男性ホルモンのテストステロンが、毛根の毛乳頭部分に入り込み、ジヒドロテストステロンへと変化する事で起こる薄毛の症状です。
ジヒドロテストステロンが毛根部分にある毛乳頭に入り込むと、細胞分裂を抑制してしまい、髪を作る事ができなくなります。
髪が生えたとしても細く弱々しく、しかもまだ抜けるには早い成長期にある髪も、毛乳頭が弱ってしまう為、抜けてしまいます。

FAGAもジヒドロテストステロンが、毛乳頭の働きを阻害する事で、薄毛が進行すると考えられています。
男性に比べると少ないものの、女性でも男性ホルモンは分泌されているのです。
加齢で女性ホルモンの分泌が少なくなったり、ダイエットやストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまうと、男性ホルモンが優位になり、FAGAが起こりやすくなります。

AGAは生え際や頭頂部といった、頭皮のある一部分の髪が抜ける点が特徴です。
一方、FAGAはAGAとは違い髪全体が薄くなります。
FAGAで悩む女性は「髪にハリやコシが無くなりヘアスタイリングがきまらない」、「髪全体が薄くなった事で老けて見られる」という、薄毛によって様々な悩みを抱えているようです。

男性ホルモンが関わっているFAGAは、市販の育毛剤では改善する事ができません。
ですが、毛根自体は残っている為、薄毛治療を受ける事で発毛の効果も期待できます。
■男性脱毛症などの薬はクリニックに行かずに購入できます
医薬品は通販で買うのが賢い?
■男性型脱毛症の薬も様々なものがあります
フィンペシア
フィナロで抜け毛を抑える

ページトップへ